会社沿革

 

昭和14年(1939年)

創業者、九重年支子が九重手織機を発明し、第一回科学技術賞を受賞。

九重手織研究会を発足し手織機の普及に努める

 

昭和27年(1952年)

九重手織研究会を現在の株式会社九重として法人組織に改め、九重織機の二次製品の製作、及び販売にあたる

 

昭和30年(1955年)

商品の多様化に伴いデザイン部を設置、九重織製品及びオリジナル各製品の販売を開始する。その製品を通して皇室との繋がりも出来、特に秩父宮様とは親しく懇意にしていただく

 

昭和33年(1958年)

スリッパの新しい需要に着目し、専門の部を設け新しい生活様式にあった製品を発表し、現在のスリッパ業界隆盛の基盤となった

西日本の地盤を固めるべく大阪に新店舗を開設

 

平成2年(1990年)

相模原配送センターを開設

平成3年(1991年)

Marelli(マレリー)社とのライセンス契約。マレリーブランドのスリッパ・サンダルの販売を開始

 

平成5年(1993年)

ヨーロッパの室内履きの輸入、販売を始める。現在はフランス、オーストリアから直接輸入をしている

 

平成24年(2012年)

創業60周年を迎える。日本全国の百貨店を中心に卸売り業として現在に至る

 

平成31年(2019年)

本社を目黒区より茨城県取手市に移転

 

九重年支子(としこ)プロフィール 


 本名、坂野敏子。明治37年8月11日、東京生まれ。東京女高師(現・お茶の水女子大学)付属高女・専攻科英語部卒業。大正15年結婚とともに雛人形の蒐集をはじめる。昭和14年、カード式簡易手織機を発明して九重織を確立。昭和28年(株)九重を創立し社長となる。同年、パリにて九重織展を催す。昭和31年(社)婦人発明家協会設立。現在、(社)発明協会参与、婦人発明家協会名誉会長、(財)日本編物手芸協会名誉会長、国連婦人会常任理事ほか。東京都知事賞、第一回科学技術庁長官賞、紫綬褒章、勲四等瑞宝章

 

九重年支子著作「永遠の魅力」より抜粋